からだ学研究所

Topics

本日、やぎ座で上弦の月です

見出し画像
人とのご縁で新たな自分へ!運気が後押し~「やぎ座」上弦の月~

本日12時25分、「やぎ座」で上弦の月を迎えました。今日のホロスコープは自分を表す部屋に「月」「冥王星」「土星」「木星」が大集結。自分自身の在り方を見直す?いやいや、本当の自分自身を見つけるための大きな出来事が起こるかもしれません。

本日のホロスコープ

スクリーンショット 2021-10-13 050138   yagijyougenn

他者との関りの中で本当の自分に出会う

上弦の月というと、必ず「太陽」と「月」は90度という緊張した角度を創るのですが、今日は他者との関係性を表すてんびん座「太陽」と自分の内面を表す部屋にある「月」という配置です。どうやら自身を取り巻く人たちとのご縁を通して内面(月)を見直していくという時期のようです。

ホロスコープには12の部屋がある

ホロスコープの円の内側に1~12の番号がついていますよね?これを「ハウス」と言います。「惑星」が10個の個性を持つキャラクターだとすると、12星座はその個性がどんな風に活かされるかというその時々の「役割」。さらに「ハウス」はどんな背景や場面でそれを発揮するかを表しています。

そして今日は自分自身の在り方をどうするかということを教えてくれる「1ハウス」に「月」「冥王星」「土星」「木星」という主要なキャラクター(惑星)が大集合。「1ハウス」は自分自身の性格や行動パターン、他人の目に映る総合的な自分の姿を表す場所。そこに多くの強烈なキャラクターが集まってあなた自身をプロデュースしようとしているのです。

自分自身をぶち壊して内面から大きく変わる(脱皮)

特に内面を表す「月」と強制終了・抗えない変化を与える「冥王星」がほぼぴったり重なっています。今日は、てんびん座「太陽」が表す他者との関りの中で自分自身の大きな変化が起こる日になりそうです。

いて座「金星」が夢や目標に追い風を吹かしてくれる

さらに自分自身の理想を掲げる「いて座」に豊かさの星「金星」が居ることで内面をぶち壊して理想に向けて新たな自分の在り方を模索するあなたを大きくサポートしてくれそうです。

キーワードは「ご縁」と「フラットな関係」

今回の星読みは、てんびん座・みずがめ座という仲間とのフラットな関係性を構築していく星座の中にたくさんのメッセージが込められています。どうやら新たな自分に出会うためのきっかけはあなたの周りの人間関係、誰と関わり、どんな刺激をもらうかによって変わってきそうです。

変わるということは怖いことでもありますが、今は本来のあなたをみつけるためにあなたの人脈があなたに働きかけていると考えて良いでしょう。

主要惑星の逆行は徐々に解けていっています。
ぐーーーっと前に進んでいくイメージがします。

次の満月に向けて、日々誰と出会い、どんな刺激をもらうのか楽しみにしてみましょう。

本日もスタンドFM音声配信☆